東京

女性の感性を活かした再現性のある商品開発の方法論とは

開催日
2016年08月09日(火)
時間
18:0019:30(開場30分前)
講師
株式会社グローバルセールスパートナーズ 代表取締役 高塚 苑美 氏

ご参加は参謀会員限定になります。 参謀会員になるとすべての動画をご覧いただけます。

参謀会員について知りたい
Movie img

ご参加は参謀会員限定になります。 参謀会員になるとすべての動画をご覧いただけます。

参謀会員について知りたい

概要

買い物の決定権は、男性にありますか?女性にありますか?

消費の8割は女性が握っているとされる日本。
大きな買い物はもちろん奥様の同意が必要ですし、日用品、衣類の買い物は全て奥様に任せているという男性も多いのではないでしょうか。

そのような状況の中、近年、女性の感性を活かした商品開発が注目されています。
理由は簡単。日本では、お財布の紐は女性が握っているにも関わらず、商品作り、流通、販売の全ての決定権を持っているのはほとんどが男性だったからです。

男性と女性のギャップを知らずして、今や商品開発はできません。
女性の社会進出が進み、男女間の可処分所得にも差がなくなってきている昨今、女性の目線、感性を活かした商品開発やブランディングが握っている売り上げの鍵を、実際の事例を元に解説いただきます。

講師

株式会社グローバルセールスパートナーズ 代表取締役 高塚 苑美 氏
売れる人・モノ・コトづくりの専門家。

<略歴>
元日本No.1セールス。
1999年に大学卒業後、起業を志し単身ニュージーランドへ渡る。
帰国後、静岡県浜松市のイタリア車ディーラーにアルバイトの受付嬢として入社。
運転もできない状態から、半年後には社内トップの結果を出し、本格的にセールスを始めると、「商品説明ゼロ」の営業スタイルを確立。
8年間で800台の営業成績を樹立。
マネージャーとしても日本一の成績を納め、「日本一イタリア車を売る女」と異名がつく。
2011年独立。
BtoCの高級品販売だけでなく、現在はいちご農家から自治体まで、幅広いクライアントを持ち、斬新なアイデアで商品開発やブランディングを行い、成果にこだわるコンサルティングを行っている。

構成

1.自己紹介
2.男女の脳の違いとは?
3.商品開発とブランディングの事例紹介
4.商品開発のフレームワークとは?
・新商品開発の視点 
・ライバル比較とポジショニング
・ユーザーテスト 
・セグメンテーション
・ブランディング
5.女性目線の活用法
6.質疑応答

開催日時・会場

2016年08月09日(火)  18:0019:30

東京都品川区東五反田1-11-15 電波ビル 4F
(株)プロフェッサ内 セミナールーム

<最寄り駅>
JR山手線「五反田駅」東口から徒歩3分
都営浅草線「五反田駅」A6出口から徒歩1分
https://goo.gl/maps/fznZzjc1RED2

その他

懇親会は、セミナー会場から徒歩3分にある居酒屋「勇山亭」で開催致します。
http://www.yu-dining.com/

会費は5,000円です。