Alldeal
東京

【社員の懇親会参加可】リクルートやLINEも活用!人間の相性をストレス視点で分析する世界唯一の分析手法を使ったAI人事と組織マネジメント勉強会 @恵比寿

開催日
2018年12月11日(火)
時間
18:3020:00(開場30分前)
講師
株式会社AllDeal 代表取締役 CEO 堀尾 司 氏

ご参加は参謀会員限定になります。 参謀会員になるとすべての動画をご覧いただけます。

参謀会員について知りたい
Movie img

ご参加は参謀会員限定になります。 参謀会員になるとすべての動画をご覧いただけます。

参謀会員について知りたい

概要

■こんな方に参加いただきたい
・社員が働きやすい環境づくりをしたい、と考えている方
・適材適所の組織づくりの手法を知りたい方
・組織のパフォーマンスを高めるための手段をお探しの方
・最強の経営チームを作りたい
・離職者を予測したい

■詳細
「チームのパフォーマンスに大きな影響がある要因は何か?」

と聞かれたら、どのような要因を思い起こすでしょうか?

・働く場所(皆が同じ場所で働く)
・意思決定の方法(合意に基づいて意思決定する)
・チームメンバーの個性(皆が外交的である)
・チームメンバー個人のパフォーマンス(各個人のパフォーマンスが高い)
・仕事量(適切な量がある)
・チームの規模(最適な人数がある)

など、様々な要因が思い起こされると思います。しかし、Googleによる研究によると、上記要素はチームのパフォーマンスに大きな影響を与えていませんでした。

では、何が大きな影響を与えていたのか?
大きな影響を与えていた要因のひとつが、「心理的安全性」です。
もう少し噛み砕いて言うと、「”チームの中でミスをしても、それを理由に非難されることはない"と思えるという状態を作ること」が、チームのパフォーマンスに大きな影響を与えていたことが判明したということです。

この結論を導き出す元となった理論が、今回紹介するFFS理論です。

FFS理論は、人の相性をストレス視点で分析します。
その結果を、チーム編成や上司と部下の接し方に活用することで、チームのパフォーマンスを高めることができるのです。

実際に、リクルートを始め、やソニー、LINE、日本たばこ産業などの大手企業をはじめ、800社を越える中小企業がこのFFS理論を組織づくりに活用し始めています。今、話題のAI人事のベースになっている理論です。

今回は、そのFFS理論を日本に広めているAllDealの堀尾代表をお招きし、FFS理論とは何なのかを解説いただきます。

実際に、参加者の皆さまには診断をしていただきます。
その有用性を確認するために、ぜひ部下を1名お連れください。

皆さまのご参加をお待ちしております。

講師

株式会社AllDeal 代表取締役 CEO 堀尾 司 氏

1994年株式会社リクルート入社。
2004年ソフトバンクBB株式会社入社。ソフトバンク通信事業3社を兼任し、営業・技術統括の組織人事責任者に従事。
2012年グリー株式会社入社。国内の人事戦略、人事制度、福利厚生、人材開発の責任者を歴任。
2014年より東京東信用金庫に入庫し地域活性化に従事。退庫後は、上場企業やスタートアップの人事顧問を複数兼任しながら、CHRO育成アカデミーCANTERAプロデュースも担当。Forbesにて戦略人事コラム戦略人事2.0を連載中。
1973年北海道生まれ。

構成

1.自己紹介
2.FFSの理論的背景
3.診断結果を実際に活用してみる
4.質疑応答

開催日時・会場

2018年12月11日(火)  18:3020:00

東京都渋谷区恵比寿1丁目22−20
恵比寿幸和ビル7階
貸セミナールーム Seven.
https://goo.gl/maps/ojhX7g3agAN2

その他

勉強会後にその場で懇親会を開催します。
会費は4,000円です。