2
東京

【事例紹介】自走社員の育て方 〜中小老舗メーカーで働く社員がいかにして自走し始めたのか?〜

開催日
2021年03月02日(火)
時間
19:0021:00(開場30分前)
講師
理化電子株式会社 代表取締役CEO 戸田 泰子 氏、取締役CHRO 杉本 匡章 氏

概要

■こんな方に参加してほしい
・社員にもっと自走してほしい、と思っている方
・「自走する社員を育てられる上司」を育てたいと思っている方
・自社の育成制度に対し、改善が必要だと感じている方

■概要
「企業をさらに成長させるためには、社員にもっと自走してもらわなければならない」

成長を志す中小企業の経営者と意見交換すると、必ず出てくる話題です。
しかし、自走してほしいと願っても、社員はそう簡単には自走してくれません。

1961年創業の老舗メーカーである理化電子も、同様の悩みに突き当たります。

「売上をもっと伸ばすには、営業メンバーが自分で考えて動かなければならない」

社長が強く課題意識を持ったとしても、このテーマの解決は容易ではありません。

しかし、理化電子が導入したとあるプログラムによって、たった数ヶ月で営業メンバーの可能性が開き、みるみるうちに自走し始めたのです。

・・・

非常に胡散臭いお話になってきましたね。

ということで、当事者である理化電子の代表取締役CEO戸田氏と、取締役CHRO杉本氏に真相を語っていただこうと思います。

当日は、

・どのような経緯で、どのようなプログラムを導入し
・実際に社員がどのように変化したのか
・そして、営業メンバーの次はどの部門を変えていく予定なのか
・その先、会社をどう変えたいのか

などについて、詳細に解説いただきます。

ご興味のある方は、ぜひご参加ください。

講師

理化電子株式会社 代表取締役CEO 戸田 泰子 氏
半導体検査用電子部品メーカーの3代目として「老舗ベンチャー」を掲げ奮闘中。27歳で突然の就任となって以降、会社の箱の中に人を入れる企業経営に違和感を持ち「人が会社を創る」をモットーとし、組織作りや採用・人財育成に注力している。
同時に自身の経験を活かしてご縁のある個人や組織を支援するため株式会社MONTOを立ち上げ4年目。

アメリカでの高校生活を経て、日本で大学を卒業し、外資系コンサルティングファームにて組織再編支援プロジェクトなどにコンサルタントとして従事。3年目にして自身の想定よりも早く家業へと転職をすることとなり、机上の空論ではない生の組織改革の課題に直面しながら、経営企画室の一般社員としてもがく。中小企業ながら世界6カ国に展開をしているグローバル企業であることと、自身のバックグラウンドの強みを活かして「ボーダレスマインド」を持つ組織づくりを志す。

2016年 Forbes Women Award 「革新をもたらすリーダー賞」受賞
2017年 St. Gallen Symposium 世界のリーダーカンファレンス 若手リーダー部門 日本代表として参加


理化電子株式会社 取締役CHRO 杉本 匡章 氏
「人が会社を創る」をモットーに老舗ベンチャーとしてものづくりしている理化電子株式会社のCHROであるとともに、組織・人材開発を支援する戦略人事領域のコンサルティングファームMAP U株式会社のCEOでもある。

外資系コンサルティングファームで事業戦略策定から組織改革、人材戦略、M&A戦略、IT戦略、大規模PMOに至るまで幅広いコンサルティング領域に従事。特に経営戦略、組織改革、人材開発に強みを持つ。
企業経営・コンサルティングに加えて、経営層・起業家へのコーチング、大学におけるリーダーシップ育成やSDGsをテーマにしたPBL等に従事。
自社をホラクラシーで運営する傍ら、研修運営企業の取締役を兼任する等、複数の事業会社の経営に携わっている。

構成

1.講義
2.飲みながらディスカッション

開催日時・会場

2021年03月02日(火)  19:0021:00

オンライン開催(参加者に事前にZoomURLをお送りします)

その他

講義後に飲みながらディスカッションします。
お酒等は各自ご用意下さい。