東京

【好業績企業に学ぶ】なぜ、外資系企業が静岡県の過疎地域にサテライトオフィスを作ったのか?

開催日
2017年07月11日(火)
時間
18:0019:30(開場30分前)
講師
ゾーホージャパン株式会社 代表取締役社長 迫 洋一郎 氏

ご参加は参謀会員限定になります。 参謀会員になるとすべての動画をご覧いただけます。

参謀会員について知りたい
Movie img

ご参加は参謀会員限定になります。 参謀会員になるとすべての動画をご覧いただけます。

参謀会員について知りたい

概要

インドにグループ本社を構えるグローバル企業"ZOHO Corporation"の一員であるゾーホージャパン株式会社は、「働きがいのある会社」ランキングで2年連続ベストカンパニーを受賞し、外資系企業としてはじめて「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の賞を受賞するなど、注目を集めています。
肝心な業績も絶好調。多くの経営者から一目置かれる存在となっています。

そんなゾーホージャパン社が、2017年4月に静岡県川根本町にサテライトオフィス「Zohoサテライトオフィス@川根本町」を開設しました。
http://www.nikkei.com/article/DGXLRSP442798_Y7A410C1000000/

なぜこのタイミングで、そして何を目的に人口7,000人・高齢化率40%超の過疎地域にサテライトオフィスを開設したのでしょうか?

今回は、ゾーホージャパンの迫社長をお招きし、サテライトオフィス進出の裏側を全開示頂きます。

理念を実現するための未来を描き、そこから逆算して数々の手を愚直に打ち続ける迫社長が、川根本町に設置したサテライトオフィスにどのような未来を描いているのか?そして、それを実現するためにどんな打ち手を打っているのか?

同じ経営者として、多くの学びを得られる機会です。
ぜひ、数多くの皆様のご参加をお待ちしています。

講師

ゾーホージャパン株式会社 代表取締役社長 迫洋一郎 氏

高校卒業後、日本鋼管株式会社(NKK・現JFEホールディングス株式会社)に入社。
その後、産業技術短期大学情報処理工学科を卒業。
技術、コンサルティング、営業とさまざまな職種で経験を積み、新規事業の立ち上げや事業再生にも携わる。
米国で設立されたZOHO Corporationの日本法人立ち上げに参画し、2001年ゾーホージャパン株式会社を設立。
2011年に代表取締役に就任。

構成

1.自己紹介
2.なぜ、静岡県川根本町に進出したのか?
3.目指している「川根モデル」とは?
4.進出の手順
5.会社・社員はどう変わったのか?
6.みなさまへのお願い
7.静岡県・川根本町からの制度説明
8.質疑応答

開催日時・会場

2017年07月11日(火)  18:0019:30

東京都品川区東五反田1-11-15 電波ビル 4F
(株)プロフェッサ内 セミナールーム

<最寄り駅>
JR山手線「五反田駅」東口から徒歩3分
都営浅草線「五反田駅」A6出口から徒歩1分
https://goo.gl/maps/fznZzjc1RED2

その他

セミナー後に懇親会を開催します。
会費は3,000円〜5,000円を予定しています。